でもそれって風船より大切なの?? by ぷー

もちろん風船のほうが大切です。ってわけで
物価目標「2年以内無理」当初から認識…麻生氏

てなわけでまたはしご外すのはこの爺なんかって感じなんですが記事を読むと「物価上昇率を2%とする目標を「2年程度」で実現するとしたことについて、「『2年以内』というのはまず無理ですよ、と(政府と日銀で)お互いに認識していた」と述べた。」ってあるんですよね。
いやいやいやいやそんなのわかってはいたけど今このタイミングでなんでそんなはしご外すこと言うの??てかそれならこの5年間まず何だったの?ジンバブエ先生とか15年金利をもっと引き下げろとか言ってたチンパンジーなんで登用したの????とかいろんな疑問がわくわけなんですが。

異次元金融緩和はデフレ脱却のために始めたという日銀に対して「何か不必要なことをやるのはやめたほうがいい」って。黒田さん目ん玉飛び出ちゃいますよ。マイナス金利ってなんだったんですかって話ですよ。80兆円ってなんだったんですか。そもそもYCCってなんのためにやってるんですかって話ですよ。高尚な話を積み重ねて複雑骨折を重ねた日銀の総括的検証は何だったんだって話ですよ。
それを最初から達成なんか無理と思ってましためんごめんご!今後のことはいろいろ対策考えなくっちゃいけないね!で済ますんかい!!って話ですよ。
政府、日銀は異次元緩和という看板を掲げながら、やっていることは人為的な円安、株高政策だ!ってことはみんなわかってたわけです。それをわかっててもあえてあのトランプのじいさんですら何も言及しない形でここまでやってきていたというのになんでこのタイミングではしごひっくり返すんでしょう。
そもそもこの前の討論会でも安部さん自身は「トリクルダウンなんて言ったことはない(キリッ」とか言い出したかと思えばその直後に「東京の経済が良くなれば地方の農産物の価格もよくなっていく…」って言い始めていやいやいやそれがトリクルダウンだよわかってる???って感じでやっぱこの総理経済のことなんもわかってないんですよね。なんでこの総理の周りの経済ブレインがこんなポンコツばかりだったんでしょうか…

そもそも今の金融政策って黒田さんが「ここからさらに実質実効為替レートが円安に振れていくことは、普通に考えるとなかなかありそうにない」って2015年6月に言っちゃった時点で試合終了してたんですよね。これ以上為替を円安にもっていけばそれ以上の弊害が出てしまうとお国が判断してこの国の金融政策は失敗に終わったわけです。そこからマイナス金利→YCC→YCC柔軟化、フォワードガイダンス導入とやっていったわけですがすべては2%の「物価安定の目標」の実現に対する人々の信認を高めることを狙いにいろいろ取り入れていったなるほどわけわからん政策だったわけですがそもそも本家本元も最初から達成するなんて思ってなかったし無理なことはしてほしくないっていう落ちだったわけです。こんなはちゃめちゃな話あるかよって話ですよね。。

短期決戦で終わらせるはずだった政策は5年たった今も出口は見えず複雑骨折したまま、日本国債市場の市場機能は失われ価格発見機能もなくなり市場参加者はいなくなり金融機関の体力は地に落ち、こうした副作用に今後どうやって対応していくのか。場当たり的なことを繰り返しだましだましやっていくのかという話にはなりますが、安倍さんの総裁再選が濃厚な中、残された限られた時間でどのようにして出口に道筋をつけるのでしょうか。日銀がたくさん株を買い国債を買っただけのただの5年間。本当に得したのはどこの誰なんでしょうかねぇ。